2012年04月24日

現在の減量食

楽しいチートデイから心機一転、再び月曜日から6日間ダイエットを開始し、減量食に

切り替えています。日曜日にしっかり食べたいものを食べて欲求を満たしておいたので

月曜日からの減量食もこれはこれで美味しく頂けるといった感じです。


チートデイ後の昨日の体重は88.6kgとなんと土曜日から2kg増加。この日のトレー

ニングは脚トレのダメージが強いのでお休みです。今朝は1kg減って87.6kgでした。

増えた反動を利用する逆リバウンドのような感じに週末にかけて減ってく予定です。


さて、現在の食事はこのような感じになっております。


朝7:30      玄米(0.5合)
           鶏の胸肉(300g)
           野菜(千切りキャベツ、ブロッコリー、トマト等)
           もずく、めかぶ、きのこ類を適当に

昼12:30     玄米(0.5合)
           鶏の胸肉(300g)
           野菜(千切りキャベツ、ブロッコリー、トマト等)
           もずく、めかぶ、きのこ類を適当に

間食16:00前後 バナナ(3~4本)
            プロテインパウダー(30g)

間食20:00前後 プロテインパウダー(30g)

トレーニング前   バナナ(3~4本)
            プロテインパウダー(30g)
 
トレーニング後   プロテインパウダー(30g)

晩23:00      鶏の胸肉(300g)
            野菜(千切りキャベツ、ブロッコリー、トマト等)
            もずく、めかぶ、きのこ類を適当に

就寝前01:00   プロテインパウダー(50g)
            低脂肪乳(250ml)


時間に若干の前後があったり間食がとれないこともありますが大まかにはこのような感じです。


朝・昼は鶏胸300g玄米を0.5合ずつに野菜をたっぷりと。夜はこのメニューの

玄米を除いたもので日中通して空腹感が強くなる前にバナナとプロテインを摂るといった

具合です。バナナの数は空腹感によって時には増えることも減ることもありますが、

この辺りは感覚とカラダの声を聞きながら食べています。


実は、この食事からバナナを除けば昨年の減量最終段階の食事とほぼ同等になるので

計算上では減量が進むにつれバナナの本数を減らしていけば仕上がっていくということに

なりますが、実際にはそう簡単にはいかないと思うので5月以降は、現在ほとんど摂っていない

脂質をとりつつバナナの本数を減らしてみたりと、色々と食に変化をつけてカラダに揺さぶりを

入れてみたいところです。



同じカテゴリー(ボディビル 減量食)の記事画像
先程のお肉は...
減量の味方!
積極的休養も大事!
満腹中枢を刺激して耐える!
トレーニング日誌と減量メニューをご紹介
さつまいもで仕上げる!
同じカテゴリー(ボディビル 減量食)の記事
 今年の減量について (2013-03-02 14:51)
 先程のお肉は... (2013-02-08 12:48)
 減量の味方! (2013-01-26 15:10)
 気楽に取り組もう! (2013-01-24 21:47)
 積極的休養も大事! (2013-01-18 14:41)
 満腹中枢を刺激して耐える! (2013-01-12 18:39)

Posted by スポーティアスタッフ at 14:55│Comments(3)ボディビル 減量食
福岡のスポーツジム「SPORTIA」
〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠3-14-15(西鉄大牟田線 高宮駅下車 徒歩3分)
TEL:092-521-4672
この記事へのコメント
(*´・ω・`*)なるほどね~~

井上くんのブログは本当に参考になるよ~~(*´・ω・`*)

ボディービルダーってさ、なんか「筋肉バカ」みたいに思われるけどさ、実際はめっちゃ頭使って計算して体を作り上げていくんだよね~(*´・ω・`*)

でもそれには強度とその消費エネルギーとかをちゃんと自分でわかってないとダメだもんね。やっぱりたいへんだ~~~><
Posted by たきママ at 2012年04月29日 23:13
たきママさん

そうなんですよね~!
カラダを作る大変さって経験しないと分かりませんものね。。。
Posted by 井上 at 2012年05月01日 17:32
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
Posted by 果歩 at 2014年02月05日 13:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。