2012年06月07日

トレーニング日誌(赤い斑点)

【昨日のトレーニング】

背中
・チンニング  (ワイド加重15kg~自重まで 5セット ナロー自重 3セット)
・ラットプル  (アンダー/3秒止め50kg×4セット)
 連続して→ ロウプーリー  (48kg×4セット)
・デッドリフト  (アンダー/ハーフ 300kg×6,5)
・ワンハンドロウ  (休憩を挟まずに22kg  3セット)
・ダンベルベントロウ  (20㎏  3セット)
 連続して→ ストレートアームプルダウン  (13kg  3セット)


背中は先週に引き続き、良い感じにトレーニング出来ています。


くどいですがポイントは以前から唱えているように血中乳酸濃度と心拍数の増加と

筋が破裂するような強いパンプを得るべく、インターバルを短く、2種目を連続して行う、

動作全般で筋緊張を保つ等の点を意識してトレーニングを進めています。


ただ、背中のトレーニングにおいてチンニングの1、2セット目とハーフのデッドリフトに

おいては最大筋力を高める(減量期においては維持する)為の神経系への刺激として

出来るだけ高負荷を用いて行います。


この日は先週行わなかったデッドリフトを行い、これまでの自己ベストの300kg×5から

ほぼ同等のフォームと動作速度で1レップ更新の6レップを達成できましたので神経系は

減量期も衰えることなくむしろ改善しながら減量出来ていると評価できます。


この神経系の改善こそがボディビル(筋肥大)トレーニングの質の底上げに繋がるので

割合は変動してもプログラムから一切姿を消してしまうという考えは今のところありません。


しかし、昨日はこれまで以上の力を発揮したせいか、もしくは減量によって皮膚が薄く

なっているせいか高重量のデッドやスクワットの際に出来る毛細血管が切れた痕の

赤い斑点が首にいつもよりひどく出てしまいました。























これはちょっとお客さんがビックリしてしまうのでちゃんと説明しなければいけませんね。


確か呼吸を止めすぎると毛細血管が切れやすいと聞いた事ありますが実際に高重量持っている

最中は必死なので実際にはそれを意識するのもなかなか難しいでしょうね。


気持ち悪い写真で終わるのもアレなのでこちらをご紹介します。

にんにく塩























こちらの品は実家の父が送ってくれて昨日届き早速使ってみたのですが、これを

蒸し野菜や茹でた鶏の胸肉にかけて食べたら美味いのなんのって!


普段使っているノンオイルのドレッシングも普通のドレッシングに比べると低カロリーですが

ブドウ糖や砂糖などを結構多く使用しているものも多く、せっかく食材自体はヘルシーなのに

調味料で余分なカロリーを摂ってしまう事もありますが、これは塩なので基本カロリーゼロ。


塩分の摂取量は気を付けなければいけませんが摂取カロリーには影響しません。


また鶏肉の美味しい食べ方のレパートリーが増えました。

オヤジ、ありがとね!



同じカテゴリー(ボディビル ブログ)の記事画像
退院しました
ギプス固定②
術後の経過
入院中の食事
ご報告
先週は・・・
同じカテゴリー(ボディビル ブログ)の記事
 ブログ引越しのお知らせ (2013-07-26 11:26)
 トレーニング日誌 (2013-07-22 17:53)
 トレーニング日誌 (2013-07-18 20:41)
 トレーニング日誌 (2013-07-15 20:31)
 マシン・ワンハンドロウ動画 (2013-07-09 10:55)
 ラットプルダウン動画 (2013-07-08 17:52)

Posted by スポーティアスタッフ at 11:49│Comments(4)ボディビル ブログ
福岡のスポーツジム「SPORTIA」
〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠3-14-15(西鉄大牟田線 高宮駅下車 徒歩3分)
TEL:092-521-4672
この記事へのコメント
毎度お邪魔いたします。
お父様、すてきですね!元競輪選手!
アスリート親子の絆!

チートデーのブログが楽しみです。

楽しんでトレーニングされている生き様を見習いたい!
誰かを見習いたいという気持ちは心の豊かさ向上を裏切らない!(意味不明。。。返信ご不要です)

また ちょいちょいちょっかいかけにきます!
Posted by 野崎 at 2012年06月09日 00:51
野崎さん

ちょっかいなんてとんでもありません!
気にかけて頂き嬉しく思います。

実のオヤジと言えど、元プロ選手に応援してもらうと
なんだかんだでとても励みになるので感謝してます。

誰かを見習いたいという気持ちは絶対に大事ですね!
僕が少しでもそのような存在と思って頂けることを
嬉しく思いますし、僕もそうでありたいと思います!
Posted by 井上 at 2012年06月10日 03:14
加藤さんがラジオでマッスルさんの名前を言う度に
嬉しくなってニヤニヤしています。
マッスルさん質問させて下さい。
金曜日にジムでいつも通りに
ラットプルダウンやダンベルフライをしてたら
トレーナーがこんな風にすればもっと効率的ですよと
教えてくれたのはいいのですが
翌日から経験した事のない背中痛に苦しんでます。
大きく息を吸ったり床に落ちてる物を左手で取ると
痺れの様な痛みが走ります。
左側の肩甲骨の下辺りです。
シップを貼ってだいぶ楽にはなりました。
筋肉痛は避けれない道ですが
こんな事ってあるのでしょうか?
くしゃみも我慢してます。
骨が折れてたらこの程度じゃすみませんよね?
Posted by YUSAKULEE at 2012年06月12日 03:05
YUSAKULEE


お疲れ様です!

「痺れのような痛み」という表現をお聞きすると恐らく普通の筋肉痛とは
異なる種類の痛みではないかと感じます。

痺れはある一か所の神経圧迫や血液循環不全によって起こるものだと
認識しておりますので、もしかしたらどこかの筋が異常に硬縮しているか
脊柱のいずれかが正しくない方向にずれているかもしれませんね。

動作が可能ということなので骨折までには至っていないと思います。

もし、お暇があればどのような動作をしたのか教えて頂くともう少し
細かく回答できると思うのですが・・・
Posted by 井上 at 2012年06月12日 14:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。